成分を見ればわかるホカホカの理由

ルナテアの成分は女性の身体に良い影響を与えるものが盛沢山です。その成分は身体を温める、体調をととのえる(=ホルモン分泌を正常化する)、血のめぐりをよくするなど、それぞれの成分で働きは違いますが、それがルナテア1回分に詰まっています。

ではルナテアの成分(ハーブ)にはどのようなものがあるのか見ていきます。

まず、ギリシャ・ローマ時代から女性特有の悩みに効果を発揮すると言い伝えられてきた地中海沿岸地方に自生する植物の実「チェストベリー」です。ベリー系といえば、アサイーなど抗酸化作用(若さをキープ)するイメージですが、PMSなどにも有効です。ルナテアはこのチェストベリーを40mgとたっぷり配合しています。

さらに、北アメリカ原産の白い花を咲かせるけれど名前は「ブラックコホシュ」というハーブです。元をたどればアメリカンインディアンの間で体のリズムを正常にする成分として重宝され、今ではドイツを中心とする世界の医学で注目されている成分です。

そして、日本でも身体をあたためると有名な、「しょうが」成分。現在でも健康成分として広く使われていますね。そんなショウガパワーは、体のリズムを正常な状態に戻す作用に加えて、身体を活発にして乱れた食習慣による栄養不足のサポートをする効能もあります。

ルナテアには、難消化デキストリンも配合されているのですよ。食物繊維の不足をカバーするためにとうもろこしから摂取された水溶性食物繊維です。健康食品としていろんなサプリメント商品に含まれている成分ですが、腸内環境を整える効能があります。これでPMS症状の一つである便秘に効果があります。

便秘を治すとデトックス効果と同じになりますので、余計な不純物が身体をめぐることがなくなります。

基本的な心身のバランスを整えて体を活性化してくれる栄養素「ビタミン群」。ビタミンB1、ビタミンB12、ビタミンB6といった成分が元気のないカラダに活力を与えてくれます。さらに、ビタミンCが女性にとって嬉しい美肌効果をサポートします。ビタミンCはお肌のコラーゲン生成も手伝ってくれるのはご存知でしたか?

大豆に多く含まれるポリフェノールの一種「イソフラボン」もたっぷり配合されています。女性ホルモンのバランスを安定させ、体の乱れがちなリズムをサポートしてくれます。

ルナテアにはこれら6種類の有用成分に加えて、チェストツリーエキス、オリゴ糖、レモン果汁パウダー、黒糖等といった成分も配合されています。これらの有用成分が、生理痛や生理前のイライラといった女性特有の悩みを緩和してくれます。

>> ルナテアを試してみたい方はこちら

SNSでもご購読できます。